貯蓄と投資

資産運用

低率化が続く日本では、外貨への投資が注目されています。外貨預金や外貨MMF、外国投資信託(外国投信)、外貨建て債券(外債)、外国為替証拠金取引(FX)といったいろいろな外貨での運用方法に関する情報が得られるようになり、投資人口も増加傾向にあります。

貯蓄要素の強い外貨預金や外貨定期預金は日本円での普通預金や定期預金と同じく、一定の金利が約束された商品で、外貨ベースで考えた場合は元本割れがありませんので、人気があります。

ただし、外貨である以上は為替の影響を受けます。つまり、為替の変動(円高局面)によっては元本割れするリスクもあります。そういう意味においては、外貨預金も外貨定期預金も投資商品の一面性を持ち合わせているということになります。

分散投資の意義

資産を集中して投資することは危険です。分散投資は、投資資金を複数の金融商品に分散して投資する手法で、投資のセオリーともいわれております。

たとえば、全ての財産を日本の銀行の定期預金に預けているだけでは、現在のゼロ金利の中で財産を増やすことは難しいでしょう。だからといって、全ての財産を株式だけに預けてしまったら、サブプライムローン問題やリーマンショック直後のように、財産が激減してしまう恐れがあります。

また、株式投資の場合でも一つの銘柄にお金を注ぎ込むと、その銘柄がもし倒産してしまったら、全ての財産を失うことになります。逆に数銘柄に分けて投資すれば、株価の上下は何社もの値動きによって平均化され、価格変動の影響を抑えられることになります。

資産運用

分散投資は、どれくらいの期間で運用するのかといった時間的な分散と、どのくらいの収益を目指すのかといった投資する商品への投資比率を考えながら行う必要があります。特に、商品選びにおいては同じリスク特性を持つ資産に集中しないことが重要です。

株式と債券、国内資産と外国資産というように、リスク特性の異なる商品に分けて投資することが重要です。投資先を国際分散し、投資資産ごとに商品を分散することで、個々の資産リスクは高くても相関関係によってリスクを抑えられる効果があります。

外貨預金の上手な活用法

円の相場は超不安定。だから、、、
円が戦後最高値を更新・・・。ここ数カ月でこんなニュースを何度目にしたことでしょうか。もしこれからも円高が進むとなると、これまでの資産運用を考え直さなくてはいけません。
円高のいま、どんな投資をすればいい?